がん保険を賢く選ぶ方法とは

がん保険は、がんと診断されたときに「がん診断給付金」というものが支払われますが、ここで注意しなければならない点があります。がんというのは再発する恐れもあるので、「診断給付金」が一生涯に渡って支給されるのか、1度きりの支給なのかを確認しておく必要があります。

終身保険を選ぶ際には、たとえ条件がついたとしても複数回に渡って支給されるものを選ぶ方が賢明だと言えます。がんの種類によって診断給付金に差が出てくるものもありますので、がんの種類を選ばずにきちんとした診断給付金が支払われるがん保険を選ぶことをお勧めいたします。

がんの入院給付金日額は、保険を選ぶ際になるべく手厚い保証があるものを選ぶと良いでしょう。しかし、予算との兼ね合いもありますのでご自分に適したがん保険を選ぶことと、入院給付金が何時から支払われるのかを確認する必要があります。1番望ましいのは入院して1日目から支払われるものを選ぶことが重要です。

また、がんになった時に先進医療を受ける場合もあることを認識しておく必要があります。先進医療は保険の適用外になり、費用も高額になるので、先進医療を受けた場合でも保険金が支払われるのかを確認する必要があります。もし、ない場合は先進医療特約を付加することもできますので、先進医療特約は是非とも付けておきたい保険といえるでしょう。最後に必要なのは通院になった場合に必要な保険です。通院だけでもバカにはできない金額になりますので、できるだけ長く通院給付金が出る、がん保険を選ぶことをおすすめします。

PAGETOP