初期投資費用が少ない「個人向け国債」

個人向け国債

皆さんは、老後の蓄えをしていますか?

現在は、バブルの崩壊以降、最も税金関連が厳しい時代ですので、毎日の生活に四苦八苦しているため、資産形成まで回らないという方が大半ではないでしょうか。

しかし、老後2,000万円問題も話題になっているように、老後の資金を確保していかないと、侘しい老後を送ることになってしまうかも知れません。今回は、初めて資産運用にチャレンジしなきゃと焦っている方のために、個人向け国債という投資スタイルをご紹介していきます。

個人向け国債が選ばれる理由について

投資は、個人向け国債だけではありません。それころFXや株、トランクルームなど、日本国内において、人気のある資産運用方法は沢山あります。

いろいろな選択肢があるなから、個人向け国債を選んだのは、どういった理由からでしょうか。選んだ方が、最も魅力に感じたのが、安全性の高さです。自分の資産を増やしたのは当然ですが、1円でも減らしたくないという気持ちを強く持っている方が大半だと思います。

個人向けの国債は、他の資産運用方法と比べて、非常にリスクが少なくなっています。特に比較対象になりやすい株やFXなどと比べて、値動きの幅やスピードが緩やかですので、安心してチャレンジすることができます。

また、株などは、購入した会社が倒産するリスクがありますが、こちらの場合には、国が財政崩壊しない限り、元本割れのリスクがありません。国か一企業かを比較した場合、どちらが安全なのかは明白です。

初心者がはじめるべき理由

こちらの資産運用方法は、初心者の方にこそチャレンジして欲しい資産運用方法になります。他の資産運用よりも、初期投資費用が少なく、10,000円からはじめることができますので、貯金をあまり持っていない方でも、すぐにはじめることができます。

また、譲渡や相続が可能といったメリットもあります。国債は有価証券にカテゴライズされますので、譲渡や相続を簡単にすることができます。

個人が付いていますので、あくまで個人間でのみ譲渡することができますが、相続が簡単ですので、お子さんのためにはじめるかたも多いそうです。

効率的な情報収集方法について

現在は、インターネットの普及によって、情報過多ともいえる時代になりました。そのため、個人向けの国債についても、スマートフォンひとつで、簡単に情報を集めることができます。しかし、ここで注意して欲しいのが、情報の鮮度や正確性です。

特に個人の方が更新しているブログなどのSNSや、動画投稿サイトなどは、情報の信憑性が疑わしいケースもあります。自分で情報の良し悪しが分からない初心者の方は、口コミサイトなどで評判の良い書籍などから、情報収集を行うか、信頼できるホームページを見つけて情報収集をしましょう。

財務省の公式ホームページには。個人向け国債についての情報が、わかりやすくまとめてあります。公式キャラクターのコクサイ先生が、国債の基本的な内容や、選ぶメリットなどを紹介していますので、こちらのページで興味を持った方は、ぜひチェックしてみてください。

財務省の個人向け国債のWEBサイト